犬走り

犬走りとは

犬走り(いぬばしり)とは、建物の周囲に沿って、コンクリートや砂利などを敷いた部分をさします。諸説ありますが、犬が通れる程度の細い道という意味で犬走りと呼ばれるようになりました。
現代では雨樋があるため、犬走りは必要ないという方もいらっしゃいますが、泥跳ね防止以外にもメリットがあり、犬走りを設置する方も多くいらっしゃいます。
建物と敷地の境界に距離ができることで建物基礎部分の保護に繋がったり、ゴミ出しやお庭への移動時に建物の周りを歩いて移動できたりするなど、様々なメリットがあります。
犬走りは必要か、また、どのような犬走りが良いか悩んだら、ぜひガーデンプラスにご相談ください。

犬走りを施工する3つのメリット

1 建物まわりの雑草対策になる

コンクリートと砂利の犬走り

建物まわりを土のままにしておくと雑草が生えてきたりと、手間もかかかり、美観性を損ねてしまいますが、犬走りを設置することで雑草が生えることを防止できます。
砂利敷きの犬走りでもある程度は雑草対策になりますが、より徹底した雑草対策にしたい場合はコンクリート舗装した犬走りがおすすめです。

2 建物まわりの地面が整い、歩きやすくなる

雨に濡れても快適な犬走り

建物まわりの犬走りにコンクリートや砂利を敷くことで、雨天時も地面がぬかるむことがなく、歩きやすくなります。特に、建物裏に物置があるなど、建物まわりを歩く必要があるお家の場合、犬走りを設けることで行き来しやすくなります。

3 砂利敷きすることで防犯対策になる

砂利敷きの犬走り

砂利敷きの犬走りを設置することで、歩くたびに足音が発生するため防犯対策に繋がります。特に門や塀のないオープン外構のお家は、犬走りへ簡単に侵入できてしまうため、砂利敷きの犬走りで防犯対策することをおすすめします。通常の砂利でも音が鳴らないわけではないですが、より音が発生しやすい防犯対策用の砂利も売られているので、そちらを敷設することをおすすめします。

犬走りの設計ポイント

1 犬走りの用途や目的から舗装材を考える

コンクリートと砂利を組み合わせた犬走り

犬走りによく使われるのはコンクリートと砂利ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。 雑草対策、防犯対策、コストダウン、おしゃれさ等、何を優先したいかによって、適する舗装材は変わってきます。
どのような用途や目的で犬走りを使用するかイメージし、ガーデンプランナーと相談しながら後悔のない舗装材を選びましょう。

2 犬走りの幅を考える

場所によって幅の異なる犬走り

犬走りの幅の大きさに決まりはなく、自由に決められますが、一般的には40~60cm程度の幅が多いです。
外壁への泥跳ねを防止する幅、人がすれ違うことができる幅、室外機や給湯器などをおける幅、など必要な幅はお家によって変わってくるのでよく検討し、犬走りの幅を決めましょう。

3 土壌環境が整っているか確認する

水勾配と側溝があり、排水機能が確保された犬走り

犬走りに水が流れるよう傾斜をつけるなど(水勾配)、しっかり排水されるように施工する必要があります。 しっかり排水されないと、コケやカビが発生する原因になったり、蚊などの虫が増える原因になったりします。
また、犬走りにコンクリートを打つ場合は地中に配管などが通ってないかを確認してください。 万が一の際に、コンクリートを撤去する必要が生じ、余計な費用が発生してしまう可能性があります。 自分では判断しかねる場合は、一度営業担当までご相談ください。

犬走りの関連エクステリア商品

犬走りの施工事例

お住まいの安全性やプライバシーを守るエクステリアの設置工事

  • お住まいの安全性やプライバシーを守るエクステリアの設置工事
  • スタイリッシュに決まる、玄関前の目隠しフェンス
  • 中間地点の動線となる門扉
No. 22663
完了月 2024年4月
施工地域 神奈川県 横浜市金沢区
施工場所 目隠しフェンス
施工金額 ¥500,000

お気に入りに追加する

お住まいの外構リフォーム工事をご依頼いただきました。玄関前にあった植栽を伐採し、視線をカットするスクリーンフェンスを設置。角度によって目隠し率が変わるため、常に動いている歩行者や車からの目かくしに効果的です。またアプローチから正面の犬走りにかけてメッシュフェンスを施工。駐車スペースとの境界を作ることで安全性を高めます。中間地点に門扉を設けましたので、動線の確保のばっちりです。

お客様の声・口コミ

段取りよく施工していただきました。 大変早く対応していただきました。 段取りよく施工していただきました。 大変早く対応していただきました。 続きを読む

第2のリビングとしてご家族の思い出作りができるお庭付きの新築外構

  • 第2のリビングとしてご家族の思い出作りができるお庭付きの新築外構
  • お庭への便利な動線となる門扉
  • 鮮やかなブルーが目を引く立水栓
  • 土間コンクリートで舗装したフラットな駐車スペース
No. 22662
完了月 2024年4月
施工地域 神奈川県 茅ヶ崎市
施工場所 新築外構一式
施工金額 ¥1,500,000

お気に入りに追加する

新築のお住まいの外構工事をご依頼いただきました。お子様と一緒にBBQなどを楽しみたいとのご希望でしたので、熱に強いタイルデッキやプライバシー性を高める目隠しフェンスを施工いたしました。デッキのおめかしに使用した木調タイルがリビングが広がったような印象となり、ゆったりと過ごしていただける空間に。デッキ上を安全に利用できるよう、フェンスを設置し、腰掛にも利用できるステップも備え付けました。またお庭への動線を確保するための主庭門扉や、火気を扱う場合に便利な立水栓を新設しています。第2のリビングとしてご家族の思い出作りがたくさんできるお庭付きの新築外構となりました。

お客様の声・口コミ

失礼ながらコスト面重視でしたので、提案内容や仕上がりにはさほど期待はしていませんでしたが、提案時も3Dで分かりやすく、仕上がりも想像以上で感謝しております。 ただ、フェンスや水栓に、施工時の泥やモルタルが付着していたので、引渡し前のチェック、清掃にも力を入れていただきたかったと思い、今後の期待も込めて星は4つにさせていただきます。 失礼ながらコスト面重視でしたので、提案内容や仕上がりにはさほど期待はしていませんでしたが、提案時も3Dで分かりやすく、仕上がりも想像以上で感謝しております。 ただ、フェンスや水栓に、施工時の泥やモルタルが付着していたので、引渡し前のチェック、清掃にも力を入れていただきたかったと思い、今後の期待も込めて星は4つにさせていただきます。 続きを読む

広い敷地で要点を押えたシンプルな外構工事

  • 広い敷地で要点を押えたシンプルな外構工事
  • モダンなお庭に優しく溶け込む木調の境界フェンス
No. 22656
完了月 2024年4月
施工地域 岐阜県 郡上市
施工場所 新築外構一式
施工金額 ¥2,500,000

お気に入りに追加する

広い敷地に囲まれた平屋のお住まいの新築外構一式を承りました。駐車スペースはお車2台用の広さで土間コンクリートを打設し、カーポートを設置。残りは砂利敷きにしたことで、コスト面に配慮した設計となっています。背面には物置を設け、予備のタイヤやアウトドア用品などをすっきりしまっておけます。また写真向かって左側にある菜園スペースとの仕切りとして境界ブロックを施工。敷地内を明確に分けることでお住まいの景観を整える効果も。広い敷地ですが、駐車スペースや仕切りなど、要点を抑えることでコスト面に寄り添う設計となりました。

お客様の声・口コミ

価格の相談によく対応していただけました!施工担当者も丁寧な説明と素早い工事ですぐ完了しました。 価格の相談によく対応していただけました!施工担当者も丁寧な説明と素早い工事ですぐ完了しました。 続きを読む

犬走りに関するブログ記事

    犬走りに関するブログをもっと見る

    犬走りに関連する動画

    犬走りに関連する動画をもっと見る

    犬走りのおすすめ関連情報

    犬走りに関連するFAQ(よくある質問)

    お見積り・現場調査のご依頼はこちらから(無料)

    全国無料でお伺いいたします。お気軽にお申込みください。

    敷地形状・ご予算・ご希望に合せたご提案が可能です。お気軽にご相談ください。