外構工事の商品カテゴリ

芝生

記事を探す

エクステリア・素材のデザイン

Customer's Voice 安心と信頼の施工実績
お客様の声

20498
公開中!

毎日更新!安心の施工実績!全施工例ご覧いただけます。

全国にて放送中のTVCMはこちら

動画で見るガーデンプラスのサービス

商品カテゴリ

今月のピックアップ店舗

お気軽にご相談ください!

お近くの店舗を探す

特集記事

外構工事の商品カテゴリ

あなたの街のガーデンプラス『アイディアいっぱいお庭レシピ集』

営業カレンダー
3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

休業日(現場調査・工事は対応)

…休業日(現場調査・工事は対応)

休業日もフォームからの問合せ・申込みは可能です。

※各店舗の休業日とは異なります。

【フリーダイヤル】0120-694-028 【受付時間】9:30~17:30
お客様コールセンタースタッフ
小さなご相談もお気軽にお問合わせ下さい。有資格者が最適な解決策をご提案いたします。
  • 植松

  • 小川

  • 森田

  • 杉原

  • 村上

  • 石井

  • 太田

  • 岡田

  • 前田

  • 田中

  • 竹内

  • 大西

  • 中野

  • 八村

  • 吉村

  • 森本

  • 須田

  • 小嶋

  • 宗行

  • 福山

  • 三坂

  • 森末

  • 浅井

  • 石田

  • 湯本

  • 小柴

  • 西村

  • 木村

  • 福本

  • 前田

  • 上田

  • 松本

  • 出田

  • 寺口

  • 前田

  • 吉田

  • 木村

  • 横田

  • 佐藤

メールでのご相談はこちら
ご利用ガイド

かんたん庭レシピNo. RCP53210外構・お庭の基礎知識

posted by  ガーデンプラス本部

DIYもできる!?お庭の雑草対策6選を費用順にご紹介【動画あり】

草むしりや除草剤、防草シートなど費雑草対策の方法を費用帯ごとにご紹介いたします!

ムーミンC

気づいたらどんどん成長している雑草…
お庭がある方なら、一度は悩んだことがあると思います。

 

この記事では、今すぐできる簡単な雑草対策から、コストはかかるけれど今後の手間がなくなる雑草対策まで、かかる金額が低い順にご紹介します!

雑草対策①:草むしり(費用:0円 作業量:多)

草むしりをする人

草むしりをする人

1つ目の雑草対策は「草むしり」です。

 

雑草を手で抜くだけなので、手軽にいつでもできるのがメリット!
業者も道具も必要ないので、費用も掛かりません。

 

デメリットは、お庭の広さや雑草の多さによってかなりの体力が必要になること、また、一度草むしりをしても、またすぐに生えてきてしまうことが多い点があげられます。

 

気になっている雑草の量が少ないケースや、まだ雑草が小さく根っこから抜くことができるケースには良いかもしれませんが、お庭全体の雑草対策としては作業量が多いのであまりおすすめできません。

雑草対策②:除草剤(費用:約14円/㎡~ 作業量:中程度)

除草剤を撒く人

除草剤を撒く人

2つ目の雑草対策は、「除草剤」です。

 

ホームセンターやネットなどで簡単に手に入り、薄めずに使える液体タイプの物や、そのまま撒く粒剤タイプなど、家庭でも簡単に使えるものが販売されています。
金額も数千円と、そこまで高額ではなく、手軽に購入できる点がメリットといえます。

 

デメリットは、継続的に除草剤を撒かないと効果が持続しない点です。
商品によりますが、数カ月~6カ月程度で効果がなくなるため、年に2,3回ほど撒く必要があります。

 

また、お子様やペットがお庭を利用する場合は注意が必要です。除草剤が口や目に入らないよう配慮しましょう。においが気になる商品もあるので、近隣への配慮も忘れずにしてください。

雑草対策③:防草シート(費用:約1,000~1,500円/㎡ 作業量:無 ※DIYなら中程度)

不織布タイプの防草シートで雑草対策したお庭

不織布タイプの防草シートで雑草対策したお庭

3つ目の雑草対策は「防草シート」です。

 

防草シートとは、写真のような日光を遮るシートで光を遮断し、雑草の生育を抑える商品です。基本的には防草シートを敷いた上に、砂利や人工芝を敷くことが多いです。
防草シートにも種類がありますが、雑草が隙間から生えにくい厚手の不織布タイプがおすすめです!

 

耐久年数が約10年と長いので、一度敷けば、雑草によるストレスが大幅に軽減できます。
ちなみに、防草シートはホームセンター等で購入して自分で敷くことも可能です!お庭が広い場合や、形が複雑な場合はDIYでは大変なので業者に頼むことも検討してみてください。

 

ちなみに、防草シートは100%雑草が生えなくなるわけではないので、より対策を強化したい方は、次以降の対策も読んでみてくださいね!

雑草対策④:砂利敷き(費用:約1,500円~/㎡ 作業量:無 ※DIYなら中程度)

砂利敷きで雑草対策した前庭

砂利敷きで雑草対策した前庭

先ほど紹介した防草シートと組み合わせることでより効果の高い雑草対策になる砂利敷き。外構工事の中では比較的安価で、砂利を敷くことで防草シートの劣化やめくれも防げます。

 

砂利は踏むと音が鳴るので、防犯対策にもなります。ですので、建物裏や犬走りなど人目がつかないところにおすすめです。

 

デメリットとしては、DIYに向いていない点があります。
砂利を敷くだけというと簡単そうに感じますが、砂利の厚みを3cmほど確保しようとすると、1㎡あたり必要な砂利の重さはなんと60kg!運ぶだけで一苦労です。業者に依頼するのがベターでしょう。

雑草対策⑤:人工芝敷き(費用:約3,000~5,000円/㎡ 作業量:無 ※DIYなら中程度)

人工芝で雑草対策したお庭

人工芝で雑草対策したお庭

人工芝敷きも防草シートと組み合わせることで、より雑草対策効果が高まります。
メリットは、お手入れなしで年中緑が綺麗なお庭を楽しめる点!雑草対策をしつつ見た目の綺麗さも保てます。
人工芝はDIYで設置することも可能ですが、防草シート同様、お庭が広い場合などは業者に頼むのがおすすめです。

 

デメリットは、初期費用が砂利敷きに比べて高額なこと。ですが、最近は良質でリーズナブルな商品も出ているので、自分で色々と探してみる価値はあると思います!
また、耐火性がないのでBBQなどをする場所には不向きであり、防草シートと同様、耐用年数が10年ほどなので交換する必要もあります。

雑草対策⑥:土間コンクリート(費用:約15,000~20,000円/㎡ 作業量:無)

土間コンクリートでオシャレに雑草対策した駐車場兼玄関アプローチ

土間コンクリートでオシャレに雑草対策した駐車場兼玄関アプローチ

最後にご紹介する対策は「土間コンクリート」。
とにかく雑草を生えてこないようにしたい!という方は土間コンクリート舗装が一番確実です。ここまでに紹介した方法ですと、隙間や劣化部分から草が生えてしまいますが、土間コンクリートで覆ってしまえば、半永久的に雑草が生えてこなくなります。また、防草シートなどのような交換も不要です。

 

デメリットとしては、工事費用が高いこと、交換がないので汚れが蓄積してしまうことがあげられます。
また、無機質な印象になるので、お庭のテイストによっては工夫が必要なこともあります。

 

 

いかがでしたでしょうか?
雑草対策といっても、様々な方法がありますよね!ご自宅の雑草の状態や、お庭の広さなど様々な面から検討して、最善の方法で対策をしてみてくださいね。

 

業者が必要な雑草対策を検討されたい方、ご自宅に合った雑草対策が知りたい方は、お気軽にガーデンプラスまでご相談ください!

トゥーティッキ

些細なことでも大歓迎!お気軽にお問い合わせください

お庭に関する事なら、ガーデンプラスへお任せください。ガーデンプラスは、全国で外構工事を手掛けるガーデンメーカーです。店舗でのご相談はもちろん、フォームやお電話からのお問い合わせも承っております。
記事に関してのご質問は、外構のプロスタッフがお答えいたします。

この記事へのご質問はこちら

菅萌香(ガーデンプラス本部)

最後までお読みいただきありがとうございます!
雑草対策にお困りでしたらガーデンプラスにご相談くださいね。

ガーデンプラス本部 担当:菅萌香

ガーデンプラス本部へのお問い合わせはこちらから

ガーデンプラス本部
お電話でのお問い合わせ
0120-694-028

受付時間:9:30~17:30

フォームでのお問い合わせ
ご相談フォームはこちら

現場調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

かんたん庭レシピの関連記事

かんたん庭レシピの記事一覧

ガーデンプラス本部の記事

ガーデンプラス本部の記事一覧

PAGE TOP