メニュー

  • 工夫いっぱいの施工ポイントをお客様の声とともにご紹介する お庭自慢!お客様インタビュー
  • 3分で読める!プロならではのアイデアや植栽・お庭記事が充実 かんたん庭レシピ

かんたん庭レシピ施工例紹介

posted by ガーデンプラス本部

2019.02.05

お庭のデッドスペースを使える場所に変える!お庭の活用工事例5選

中谷麻美 中谷麻美

ちょっとしたデッドスペース、そのままにしていませんか?今回は、お庭のデッドスペースを便利に変えるおすすめの活用方法をご紹介いたします!

デッドスペースを活用したストックヤード

デッドスペースを活用したストックヤード

こんにちは。ガーデンプラス本部ブログ担当の中谷です。

 

新築外構工事や、外構のリフォームをご検討中の方におすすめしたいのが、デッドスペースの活用です。日々の生活の中では使えないと思われがちな犬走りや建物裏のいわゆるデッドスペース。しかし上手に設計してあげることで、様々な用途へ活用してあげることが出来ますよ。限られた空間を利用することで、日々の生活の質も上がります。ぜひ一度、お庭のデッドスペースにも目を向けてみてください。

 

そこで今回はお庭のデッドスペースの活用方法を5つご紹介いたします。

小さなテラスを最大限生かしたウッドデッキ

小さなテラスを最大限生かしたウッドデッキ

デッドスペースの活用事例① 変形した庭や狭い庭へのウッドデッキ設置

国土の狭い日本では、大きなお庭を持つということが難しくなってきています。こちらのお宅のように敷地に目一杯建物を建てていて、お庭としてのスペースは一部ということはありませんか?お庭が狭いと、わざわざ出ることも無いか、と折角の敷地がデッドスペースになってしまうケースも。そこでテラスにウッドデッキを設置して、デッドスペースにならないよう最大限に活用できる配慮をしました。

プライベート空間を充実させたウッドデッキ

プライベート空間を充実させたウッドデッキ

こちらが施工後のお写真です。

 

主庭としてのテラスだけでなく、デッドスペースになりがちな犬走りにもウッドデッキを設置して広々としたテラスにしました。建物まわりをぐるりとウッドデッキが囲い、どの部屋からもウッドデッキに出られるようになっています。子供たちの遊び場としてだけでなく、お洗濯干しや、部屋と部屋の移動にも使え、普段全く通らないといったスペースが無くなるように設計しました。

また、プライバシーに配慮してデッキ上を木目調のフェンスを設置。温かみのある木に囲まれたアウトドアリビングを作り出しました。

ウッドデッキは狭いスペースや変形したお庭でも、資材を加工することで対応することができます。リビング前のお庭がほとんど使われていないという方は、ウッドデッキのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

ウッドデッキの施工例についてはこちら

施工前の駐輪スペース

施工前の駐輪スペース

デッドスペースの活用事例② 幅の狭い犬走り部分を駐輪スペースに変える

こちらのお宅は、犬走りに砂利を敷いて雑草対策をされているので清潔感があります。しかし日々の生活としては使う用途が特になく、お庭のデッドスペースになってしまっていました。犬走りは基本的に人が一人通れる程度ですが、自転車置き場として活用するにも十分な広さなんです。そこで、こちらの小さな空間を駐輪スペースとして活用するご提案をいたしました。

犬走りを活用した駐輪スペース

犬走りを活用した駐輪スペース

こちらが施工後のお写真です。花壇の一部をカットして通路を作り、犬走りを駐輪スペースにしました。自転車を停めるためにはぴったりの広さですね。建物の新築時はまだ小さなお子さまも、成長に伴い一人一台自転車を持つようになりますので、自転車の置き場にお困りのケースがよく見受けられます。そんな時は犬走りにぜひ目を向けて見てください。サイクルポートを設置すれば、立派な駐輪スペースとして活躍しますよ。

 

駐輪スペースの施工例についてはこちら

門まわりのスペースを活用した駐輪スペース

門まわりのスペースを活用した駐輪スペース

デッドスペースの活用事例③ 門まわりの空きスペースの活用

意外とスペースが多いのが門まわりです。最近では空間を広く見せるためにオープン外構にするお宅も多く、門柱まわりに空きスペースができることもあります。こちらのお宅では、門柱の左側は駐車スペースとして使い、右側のちょっとした空間に駐輪スペースを設けました。やはり自転車の置き場はライフスタイルの変化によって必要になる場合が多いです。工事時に将来を見極めて、あらかじめスペースを作っておくことをおすすめします。サイクルガードをつけると強風時も自転車が倒れず、2重ロックも出来ますので防犯面でも安心ですね。

勝手口を活用したストックヤード

勝手口を活用したストックヤード

デッドスペースの活用事例④ 勝手口まわりを収納スペースとしての活用

こちらは勝手口をストックヤードとして活用したお宅です。勝手口は重い荷物を運ぶ際にはとても便利ですが、出入り口としての活用方法だけではもったいないですよね。そこでおすすめしたいのが、こちらのお宅のように勝手口をストックヤードにする方法。テラス屋根を付けるだけでも雨がしのげますので、ゴミの仮置き場や駐輪スペース、アウトドア用品や野菜置き場など、幅広い収納スペースとしても便利です。サイドパネルをつけると横からの吹込みも防ぎますので、収納庫として活躍するほか、雨の日の洗濯物干し場としても使えますよ。

 

 

ストックヤードの施工例についてはこちら

 

 

 

小さなスペースにも対応する物置

小さなスペースにも対応する物置

デッドスペースの活用事例⑤ 物置を置いた収納スペースとしての活用

こちらのお宅は駐車スペースに物置を設置されています。ひと昔前の物置はサイズも大きく、設置すること自体にスペースが必要な印象でした。最近は物置のサイズも多様化していて、こちらの物置のように奥行きがあまりないタイプや、コンパクトな物置までサイズのバリエーションが豊富です。お庭に物置があるとちょっとした収納スペースとしてとっても便利。お庭のデッドスペースにシンデレラフィットする物置で、空間を上手に活用しましょう。特に駐車スペースには、冬用タイヤの保管や洗車用品などを保管する物置があると、使い勝手が良く便利ですので一度検討してみてください。

 

物置の施工例についてはこちら

 

 

いかがでしたか?犬走りなど、日々の生活には必要のないデッドスペースも、視点を変えると活用の幅が広がります。ガーデンプラスでは豊富な施工実績をもとに、お客様のお庭に合ったプランのご提案をいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

ムーミン&スナフキン
中谷麻美(ガーデンプラス本部)

最後までお読みいただきありがとうございました。新築外構工事からプチリフォームまで、お庭のことならガーデンプラスにご相談ください。

ガーデンプラス本部 担当:中谷麻美

ガーデンプラス本部へのお問い合わせはこちらから

ガーデンプラス本部

お電話でのお問い合わせ

0120-694-028

受付時間:9:30~17:30

フォームでのお問い合わせ

ご相談フォームはこちら

現場調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

かんたん庭レシピの関連記事

かんたん庭レシピの記事一覧

ガーデンプラス本部の記事

ガーデンプラス本部の記事一覧

かんたん庭レシピの人気記事moomin image

PAGE TOP